山田の目blog

山田工業社員の目から見た日常をお伝えします。

山田工業ホームページ

 

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25
26
27 28 29 30
31            

最近の記事
妻沼聖天の御開帳

平成最後の出初式

羽根倉橋の工事

シュークルダール

平成30年(2018)浦和まつりポ ..

名人に会える!落語レコジャケ展

二七の市2017

防災訓練2017

それにつけても・・・・

過去ログ
2019年 3月
2018年12月
2018年 9月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 1月
2017年11月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 8月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 4月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月

 



折れ口
ここんところ季節の変わり目で不陽気なせいか、折れ口が3件続いてしまった。
『折れ口』(おれくち)とは隠語で、不祝儀のことを言います。
不祝儀という言い方でも判らない方もいらっしゃると思うので、この際ざっくばらんにゆっちゃうと、葬儀葬式通夜のことです。

「どこ行くんだい?」・・・「ああ、葬式が出来ちゃって・・・」なんてーのは、聞く方も、聞かれる方も縁起の悪い言葉が出てきて、野暮ったい話です。
そこで縁起の悪い言葉を隠語で表す訳です。

ちょっと前まで葬儀屋といえば、(仮称)愛善社とか○×互助会なんて云って、社名のには「葬」の字は縁起が悪いから決して使わなかったものです。
それが、今では・・・トホホな状況ですよ・・・。
日本人としての美意識とか、「チョットいいんじゃない」という粋な部分が欠落している。

なんで『折れ口』が不祝儀の隠語になったのかというと、これは割と生々しい話で、昔まだ土葬だった頃、棺桶といえば小判型で、云ってみれば酒樽の親方みたいなやつだったらしいですよ。
今でもここは同じですが、亡くなると布団に寝かせて顔には白い布を被せておく訳です。
そうしておけば、当然死後硬直で、亡くなった方の体はカチカチに硬くなってしまうのですが、小判型の棺桶は座棺で、桶の中に人間を座らせるように押し込まないと入らないのです。
そこで、棺桶の中に遺体を格納するときに、折り曲げなければならないのは、腕と足なのですが、骨ごとボキッと腕と足を折って格納しないと、棺桶に収まんない・・・
つまり『折れ口』と伝え聞いております。
だから、幽霊は両手をダラーンと下げて出てくる・・・そうも聞いております。

まーこんな話もお彼岸だから好いかナー。
19:29, Wednesday, Mar 19, 2008 ¦ 固定リンク

■コメント

△ページのトップへ
 


最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む


Powered by CGI RESCUE