山田の目blog

山田工業社員の目から見た日常をお伝えします。

山田工業ホームページ

 

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事
埼玉WABI SABI大祭典2020

妻沼聖天の御開帳

平成最後の出初式

羽根倉橋の工事

シュークルダール

平成30年(2018)浦和まつりポ ..

名人に会える!落語レコジャケ展

二七の市2017

防災訓練2017

過去ログ
2020年10月
2019年 3月
2018年12月
2018年 9月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 1月
2017年11月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 8月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 4月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月

 



ウナギ味のナマズその後
日本なまず生産株式会社

なまずウナギの代替品として近畿大学が開発した「ウナギ味のナマズ」を本格的に売っていこうと新会社が設立されたそうです。

「おいしいナマズを日本のマーケットに出すことができるようになってきた。より多くの人に味わっていただける仕組みを作った」と、開発した近大農学部の有路(ありじ)昌彦准教授と鹿児島県の養鰻(ようまん)業者「牧原養鰻」。

有路氏によると、国内のウナギの供給量は2000年で約15万トンだったが、14年には5万トンまで減少。近大には関係者から代用食材開発の要望が殺到し、09年から共同開発を進めてきた。

 有路氏はまず、沼などに生息する通常のナマズが泥臭い味なのに対し、琵琶湖北部のイワトコナマズが臭みがないことに着目。良水質の環境でエビやアユを食べて育つ生態を参考に、繁殖力が強いマナマズを地下水と甲殻類など7種を配合した飼料で育て、臭みがなくウナギに似た味わいを実現した。

 このナマズはウナギに比べ、育成期間が半分以下で、栄養面でもビタミンB群やタンパク質が豊富で引けを取らない。小骨がないので食べやすく、ウナギではできない刺し身でも味わえるという。

大阪梅田と東京銀座には近畿大学水産研究所のアンテナ店舗があって、そこで話題のウナ丼ならぬ「ナマ丼」が今年の夏に2200円で試験販売したそうです。
「もっとこってりと思ったけど、あっさり」とか、
「ナマズといわれなかったら、わからないくらいおいしいです」というのがナマ丼を食べた人の感想です。

現在の卸売価格は中国産ウナギと同等程度の2000円/kgですが、数年後には1000円/kgにまでなるだろうと予想されます。そして近畿大学では近い将来、丼一杯500円、ワンコインで提供したいと意気込んでいるそうです。




近畿大学といえば「卵をふ化させて成魚まで育てる」完全養殖のクロマグロで有名になっていますが、次はナマズで日本人の好物を救ってください。
17:07, Saturday, Nov 14, 2015 ¦ 固定リンク

■コメント

△ページのトップへ
 


最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む


Powered by CGI RESCUE